Amazon Echo Spot 最初の設定手順

投稿日:2018/07/26 更新日:


EchoSpot

Amazon Echo Spot 日本発売開始!

2018年7月26日、いよいよ日本国内でもAmazon Echo Spotが発売開始されました!

Amazon Echo Dotと設置スペース的にはほぼ同等ながら、音質は上位機種のAmazon Echoに匹敵するクオリティを確保。視認性が高く動画再生もスムーズな液晶画面と、将来的にFace Timeのような画面付き通話を実現するインカメラを内蔵するバランスの取れたスマートディスプレイとなっています。

さらに、スマホアプリなしでAmazon Echo Spot単体で初期設定が可能となっていますので、セットアップも分かりやすくなっています。まずは、その設定手順をまとめました。

まずはWi-Fi環境をセットアップ


AmazonEcho Spot01
Amazon Echo Spotの付属品はACアダプタのみです。
設置する場所にWi-Fiがセットアップできていることを確認して、本体とACアダプタを接続します。


AmazonEcho Spot02
デバイスの言語設定を選択します。
ここで初めてSpotをタッチ操作しますが、認識性の高さ、スクロール・タップの操作感の良さを実感することができます。


AmazonEcho Spot03
Wi-Fiパスワードも直接タップで設定しますが、非常にタップしやすくてスマホでパスワードを入れるのと何ら差異はありません。

アマゾンアカウントをセットアップ


AmazonEcho Spot04
Wi-Fi設定が終われば、次にアマゾンアカウントを設定します。
Kindle White Paperとかを買うと自動でアマゾンアカウントの設定がされてたりしますが、Echoシリーズはユーザーが使用したいアカウントを自身で設定するようになっています。

初めてEchoを購入された方は普段お使いのアマゾンアカウントを設定しましょう。
既にEchoシリーズを持っている方は、現在使用しているスキルや設定を継承したいなら、同じアカウントを設定する必要があります。

タイムゾーンの設定と最適化


Th AmazonEcho Spot05
あとはタイムゾーンの設定ですが、ここはそのまま アジア・日本でOKです。


Th AmazonEcho Spot06
Echo Dotのセットアップでは問題なかった自宅の同じ部屋でSpotの設定をしていたのですが、このような画面が出ていったんセットアップが中断しました。

もし同じような画面が出た方は、Wi−Fiルーターからの電波が遮蔽されない場所にSpotを置き直し、Wi-Fiの設定&セットを繰り返せば先に進めると思います。

再起動・最適化でも慌てずに



Th AmazonEcho Spot07
タイムゾーンの設定まで終わると、本体の再起動&アップデート、最適化へと進みます。
ただ、再起動の時点で上のスクショのように画面真っ暗で1−2分固まったようになる場合があるので、注意が必要です。

よーく見ると、画面の円の外周部分に進度を示すバーが進んでいるのですが、こういうデバイスのセットアップに慣れていないと、「あれ?固まった?」「電源抜いて再起動すればいいんだっけ?」と感じるので、ここは砂時計を出すなど工夫が欲しいですね。

なので、真っ暗な画面になってもしばし放置しておきましょう。
私の環境ではこの再起動が完了するまで3分以上かかったので、マジで途中でハングしたのかと不安になりました。


Th AmazonEcho Spot08
再起動が完了すると、最適化画面が出ますw
こういう形になれば安心できるんですけどね・・・結局また待たされます。ここで5分近くかかったかな。

それにしても、音声だけのEcho DotはWi-Fiとアマゾンアカウント設定ですぐに使えるようになりましたが、画面とインカメラが付くだけでこれだけOSのセットアップに時間かかるんですねえ・・・
何やらMS-DOS利用から初めてWindowsをセットアップした時の感覚にタイムスリップしましたw


Th AmazonEcho Spot09
これでようやくセットアップ完了です!
大した設定項目はないんですが、思った以上に時間かかったなという印象です。


Th AmazonEcho Spot12
お! と思うのは、この後スタートするチュートリアル。全てアニメーションとナレーションで構成されています。
小さい円形モニタとは言え、やはり音声に画面が付き、動画がヌルヌル動くのを見るとワクワクします!

様々なスキルを使うためにAlexaアプリをスマホインストール

既にEchoシリーズをお使いの方であれば問題ないですが、Spotで初めてスマートスピーカーを購入された方はここからどうするんだっけ?ということになりかねません。この辺、Spot単体でセットアップできることのデメリット面でもありますね。

iPhone、Androidでそれぞれ「Amazon Alexa」アプリが提供されていますので、そのアプリをダウンロードして同じアマゾンアカウントを設定してください。このアプリから好きなスキルを「有効化」することで様々なスキルが利用できるようになります。

まずはNHKニュースのスキルを使ってみよう

こちらの記事で、動画付きのNHKニューススキルの設定手順を解説しています。
Spotのキラースキルでもあるので是非こちらを試してみてください。

【NHKニュース】 レビュー Echoを買ったらまず体験しよう。Spotなら動画も付くぞ! [Amazon Alexa]

音声とタッチ操作を併用できることの便利さを痛感

天気、ニュース、カラオケ、レシピなど、画面が付くことで飛躍的に利便性が上がるスキルにとっては、このSpotの登場でスキルの立ち位置がガラリと変わりますね。

たくさんの候補から選択するといったUIが、Spotならスマホ同様にスルスルスクロールで瞬殺です。
声でもタッチでも操作できるのは予想外にストレスフリーで、私はセットアップが終わって1時間 いろんなスキルでスクロールばっかやってましたw

Echo Dotで満足度高かった方はSpotオススメ!


AmazonEchoSpot sale既にEchoユーザーの方で、買ってよかった!と思えた方は頑張ってお小遣い工面してSpotへの鞍替えをオススメします。やはり画面があることで一気にスキルの幅が広がります。

しかもWスピーカーで小型の割に音質も良く、Echo DotでAmazon Musicを楽しんでいた方は違いが分かるほど音質が向上します。しかもモニタにジャケット画像と曲名が出ますし、スキルによっては歌詞も表示されるでしょう。
カラオケスキルももっと充実してくる気がします。

モニタが付くと、ベッド横の一等地に置きたくなります。Echo Dotはまあ適当に充電器近辺に置いていたのですが、画面が付いたSpotは当然画面を見たいので一番接しやすい場所に置かれることになります。
寝ながら見やすい位置を確保できれば、これは意外と見ちゃいますし、Alexaの使用率も上がります。

価格的には勢いで簡単に買えないレンジでもあるのですが、それ故に既にEchoシリーズで満足度高い方にオススメできるなと。これはなんつか、一気にSpotにシフトしていきそうな気がします!

※2018/08/12まで2台購入で5000円引きのキャンペーンがあります!

あとがき

それ、スマホでできるやん・・というアンチスマートスピーカー勢も、使ってみたら割といいなこれ・・と言ってしまうくらいのポテンシャルを感じます!



よろしければRSSの登録もよろしくお願いしますね。
RSSフィード

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Junji Kumagai

Axel Games / Axel Gadgets の管理者をしとります。最近はAmazon Alexa , Google Home , LINE Clovaに関わる仕事をしていますので、本当に価値あるスキルや情報を紹介していきたいと思います!

-Amazon Alexa

Copyright© Axel Gadgets , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.